広告

また支払いの時期が来た・・・げんなり  はおしまい!


あんまりお金の話もどうかと思いますが、主婦なので割と切実。

わかっているけど意外とできてないことの一つが

年間支出のための貯金

ではないかしら。税金&車検の時期になるとあたふたしたり、「ぎゃー!」ってなったり、「税金のせいで!」「車検のせいで!」って言ってる人が増える気がする。

でも、それって、あらかじめわかってる支出。

私は、母に教わったやり方で割とその辺は平穏に暮らしてます。そのやり方をお伝えします。
「うちは別に困ってないわ」という方はスルーしてください。

何も分かっていなかった新米主婦時代

どうしていつもこうなるの・・・

うちの場合は、車費が多い。

・普通車2台の自動車税
・同じく2台分の車検代
・タイヤ購入費
・オイル交換

年間いくら使うんだよ・・・っていうくらいかかります。(ガソリン代など日々使うものは生活費から出してるのでここでは考えません。帰省のための高速代や駐車場代も帰省費なので別枠。)

結婚当初、車にそんなにお金がかかるとは知らず、車検だ、税金だ、タイヤだと言われる度に支払ってました。でもそうすると

「ぎゃーーー!!!」

ってなりますね。なぜなら予測してない出費だから。
なんでそんなにかかるの!と怒ったり、悲しんだり、凹んだり、いらついたり・・・。ああ、忙しい。

そこで私は決意した。
もうこんな思いは嫌だ!

私がコントロールする!!!

我が家の車費コントロール方法

1)車費専用口座を用意

まず、車費専用口座を用意。使ってなかった夫口座にしました。

2)試算⇒月額に換算

次、一体いくらかかるのか試算する、そしてそれを月額に換算する。

例1)自動車税 総排気量1.5リットル超2リットル以下 39,500円
  毎年払うので12等分する。約3,292円
例2)車検代 過去の実績から予想  約80,000円
  2年に1回なので24等分する 約3,333円

というのを2台分計算して合計する。

うちは、毎月数万円を車費として専用口座に入金しています。夫の車はもう10年以上乗っていてメンテナンス費用がかかるし、冬タイヤ、夏タイヤもなぜかとても高い(ものを選んでる?)車のことはよくわからないので夫任せなのもいけないのですが、車いじりが半分趣味だし、とにかく色々かかるんですよね!車は生活必需品なので仕方ないです。

3)月額分を給料から天引き

うちの夫の会社は給料の振込口座を3つ指定できるので、そのうちの一つをこの車費の口座にしています。
上記計算で求めた額を毎月振り込むようにしておくと、支払の月にはたまっている状態に♪
少し余裕があるならば、3,000円くらい多く入れておくと、さらに予期せぬ出費に対応できます。(部品が壊れた!という時とか)

給料からの天引き貯金が難しければ、生活費口座から自動振り替えできるように設定するとGOOD。メインバンクにそういう機能があるとばっちりなんだけどな。

これは車費以外にも使える技

これでばっちり!

我が家は車にかかる支出が非常に大きいので、この方式でやっていますが、多分何にでも応用がききます。あ、子供たちの学資貯金もこの方法でやってます。

とにかく

ゴールを決める
自動化する

のがポイント。
初めから「ない」と思えばつらくない!天引き貯金最強!

なんとなく貯めていた口座から使うと喪失感が大きい (´;ω;`)ブワッ 
だけど、初めから使う目的が決まっている口座から払うと

「うふふん、余裕よーん。ちゃんと貯めてたもーん」

と思うのはなぜだろう。心も平穏です。
試算した段階でちゃんとゴールを見据えているのもきっといいんだと思うな。うん。

偉そうに書きましたけど、これ、うちの母から伝授された方法。私たち子供のための学費をこうして貯めていたそうです。母、素晴らしい。教えてくれてありがとう!

【追記 2014.9.20】
ネットで使える無料の家計簿管理サイトのマネーフォワードを使い始めました。これ、なかなかよくて、マネールックから乗り換えようかと思っています。
 arrow063_06.png 【無料】家計簿はじめるなら – マネーフォワード

人気記事

【ブラデリス店舗】初めての人限定!銀座のサロンで育乳ブラを体験してみよう

【育乳ブラ】もうやめられない!バストは育つ!やったもん勝ちです

チョココロネの寝袋がすごい!フェリシモパンクッションシリーズ

おすすめの記事