広告

P1190533

家族で別府・黒川・由布院旅行へ行ってきました。
今回はちょっといつもの我が家らしからぬ贅沢な旅。

「ずいぶん贅沢な旅じゃない?」
「宝くじでも当たったの?」

なんてフェイスブックで実況しているときにつながっている人たちから言われたくらいです。
実際、贅沢でした。

でもね、

「いつかは泊まってみたい」
「一度でいいから泊まってみたい」

と思うような宿に実際泊まってみてわかったことは

やりたいならやればいいのよね

ってことと

意外とできちゃうのね

ってこと。

贅沢宿になぜ泊まることになった?

2014-08-24 18.02.39

まだまだ上もあるし、まだまだ下もある。
その中で我が家のいつもの予算の倍出して泊まりました。(ビジネスホテルなども利用するので倍どころじゃないかも・・・。)

家族旅行なんて定期的に行っているわけじゃなかった我が家ですが、ここ数年は夏休みに北海道だの九州だのへ行っています。というのもマイルがたまるクレジットカード(今回はJALカード)を日々使用していて、そのマイルで飛行機代がかなりまかなえるのです。交通費が安くできるから宿に上乗せできる。(厳密に言うとそのマイルも私たちの生活に使えるので、お得なわけでもないんですが・・・。)

こんな宿を選びました
◆ガイドブックで割と大き目に紹介されている
◆ネットの人気ランキングで上位
◆露天風呂がある

あんまり値段は気にせず、公式HPや口コミを見てまあいいかなーと思う宿をどんどん予約しました。宿を決めるのが遅くて安いプランが軒並みなかったってのも大きな理由。「高くてもいっか!」と思ったことが今回の贅沢宿のきっかけになったかも。

贅沢宿どうだった?

P1190531

今回は3泊4日で、3つの宿のうち2つの宿に客室露天風呂がついていました。お部屋にお風呂があるだけではなく、それが露天風呂というのが贅沢♪
旅館の家族(露天)風呂を予約する必要がないというのが気持ち的に楽でした。
広いお風呂に入りたいときは大浴場に行けばいい、ゆっくり入りたいときは、部屋のお風呂に入ればいい、と、どちらも選べるのがよかったです。

どうして今まで泊まらなかった?

2014-08-23 16.30.07

これまでの旅行でも、おそらくお金を出せばそれなりにいいところには泊まれたと思うんですが、やはり私の中でブレーキがかかっていました。
「こんなに贅沢な宿はもったいない」
とか
「こんなに使ったらお金がなくなっちゃう」
とか。

でも、「もったいない」と言い続けていたら、いつまでたっても泊まれないんじゃないかなー?と今回旅して思いました。

じゃあいつならいいんだろう?

と自分の中で考えると、子供たちが独立して夫婦二人だけでのんびりできるようになったら?

でもその頃には、老後資金の心配をして、結局安く泊まれる宿を探しちゃうかもしれません。また、どちらかが病気になっていて思うように動けないかもしれません。

「動けるときに行っておけばよかったなー」

と、後悔したくないな、と思いました。

私の場合、旅は何度も何度も行くのではなく、回数は少なくてもいいから行ったときにはゆっくりくつろぎたいという思いが強いみたいです。なので、「年に一回の家族旅行で贅沢する」のは価値観に合っていると思いました。

これからの宿選びどうしようか?

2014-08-25 15.40.21

生もの(刺身、寿司)が苦手な私は、グルメ旅にはあまり魅力を感じないので、これからもくつろげそうな宿を選んでいきたいなーと思いました。ただ、私の一人旅ではないので、夫が満足するような「グルメが自慢の宿」に泊まったり、子供たちが喜びそうな「観光や体験を色々する旅」もすると思います。観光に便利な宿にも泊まることもあるでしょう。ビジネスホテルも安くてありがたいんだけど、でも寝るだけとはいえやっぱり長時間の滞在になる宿は疲れが取れそうなところにしたいかも・・・。

予算を決めない!泊まりたいところに泊まる!っていうのをしばらく続けてみようかなー。セルフイメージのアップにもなりそう。

詳しい旅レポートはまた後日アップしようと思いますが、今回の旅行で思ったことをまずは書いてみました。

今回泊まった宿一覧

一日目、別府 潮騒の宿 晴海(せいかい)。
全室オーシャンビューで客室露天風呂。我が家が泊まったのは和洋室タイプ。
公式で予約 arrow063_06.png 潮騒の宿 晴海<公式>
じゃらんで予約 arrow063_06.png 潮騒の宿 晴海(じゃらん)

二日目、黒川温泉 こうの湯。
離れの平屋。客室に露天風呂つき。大浴場は、立ち湯。女性130cm、男性162cmの深さ。
公式で予約 arrow063_06.png 旅館こうの湯
じゃらんで予約 arrow063_06.png こうの湯(じゃらん)

三日目、由布院、山のホテル 夢想園。
離れ6畳二間。露天風呂は男性100畳、女性150畳の広さ。見晴らしがいい。公式HPでは空いてなかったけどじゃらんプランで予約ができた。3つの宿の中では一番リーズナブルだった。
公式で予約 arrow063_06.png 山のホテル 夢想園
じゃらんで予約 arrow063_06.png 山のホテル 夢想園(じゃらん)

湯布院?由布院?どっちも見かけたのであれ?と思いましたが、町名とインターチェンジは「湯布院」で、駅名と温泉名は「由布院」だそうです。○由布院温泉、×湯布院温泉

人気記事

【ブラデリス店舗】初めての人限定!銀座のサロンで育乳ブラを体験してみよう

【育乳ブラ】もうやめられない!バストは育つ!やったもん勝ちです

チョココロネの寝袋がすごい!フェリシモパンクッションシリーズ

おすすめの記事