書くのが楽しい!いっぱい書きたい!

「どうしてそんなに書けるんですか?」

ブログのエントリー数がやたら多い私がよく聞かれること。

文学が好きだったわけでもないし
読書が好きだったわけでもない。
(今は趣味の一つになった。読むのはビジネス書とか自己啓発系が多い)

作文も苦手だったし、
国語のはっきりしない解答も嫌いでした。
小論文とか超苦手でした!

でも、今、私は文章を毎日書いています。

何を書けばいいの・・・?と悩むこともしょっちゅう


始めからたくさん書けたわけではない。
毎日毎日書きたいな、と思うことを書いていたら、
いつの間にかたくさんの記事を書いていました。
読んでくれた人がいたから、書くことができたわけで、もっと読みやすかったら、色んな人に読んでもらえるかな、と思って、見出しの付け方や、リンクの貼り方を学びました。

ツールはツールでしかなく、テクニックは表面的なものでしかない。

自分の言葉で書こう

文章を書くときには、文章を書いた人が映し出されるから
読者にはそれが伝わってしまうから、いい加減な気持ちでいてはいけないと思う。

毎回がっつりしっかりとした論理的な文章を書くべき、ということではなく、
「読んでくれてありがとう、またきてね。今日の私はこんなことを思いました」
という、感謝の気持ちと、素直な気持ちと、私はウソをついてないよっていう誠実な気持ちが大切なんだと思う。

書きたい時に書きたいことを書きたいだけ書けばいい。
だから、イベントなどに行った後はたくさんインプットしてくるから、必然的に書きたいことはいっぱいになるよね。

誰が書いても同じ内容になる文章はつまらない。
でも最初はみんなそういう道を通る。何を書けばいいかわからないから。
でも続けるうちに、自分というものが見えてくるし、共感してくれた人ともっと仲良くなりたいと思う。

私が私らしい文章を書くことで、私に共感してくれた人がきっと集まる。一人でも二人でもそういう支えてくれる人はありがたい。

自分を好きになってくれた人のために頑張ろう


すべての人に受け入れられる考え方はない。
嫌われるのが怖いと思っても、好きな人もいれば嫌いな人もいるのが普通で、自分らしくあればいい。

大事な人を大事にして、
応援してくれる人に感謝をして、
自分の気持ちを書いてみればいいと思う。

やっと私もそういう風に思えてきたところです。

人気記事

【ブラデリス店舗】初めての人限定!銀座のサロンで育乳ブラを体験してみよう

【育乳ブラ】もうやめられない!バストは育つ!やったもん勝ちです

チョココロネの寝袋がすごい!フェリシモパンクッションシリーズ

おすすめの記事